「じゅげむ」をどうやって覚えたか? | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2017年 2月 21日 「じゅげむ」をどうやって覚えたか?

こんにちは!
最近風が冷たいですね。
日差しにつられて薄い上着を着てきたことを後悔している松崎です…

さて、公開授業にセンター模試、バレンタインデーまで
様々なイベントがひと段落した今週は、
少し特別な1週間です。

なぜなら今週は、そう、
高速マスター特訓week
なのです!
練馬校では今週の新高3、高2生のグループミーティング後、
2時間半ほどの時間を使って高速マスターの特訓を行っています。

このイベントのポイントは、
ただ、2時間半黙って高速マスターを進める!
のではなく、
自分が演習で間違えた問題をピックアップできる、
「my単語」を使って、
みんなで音読や書き取りをしながら単語や熟語を覚える

ことです!

みなさんの中で、
英単語や社会の知識、数学の公式などを覚えるときに
ただジッ…とその文字群を眺めているだけの人、いませんか?
キツイっす!覚えないです!

例えば小さい頃に落語「寿限無」の、
「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ…」
というフレーズ(正しくは人名ですね)を
覚えた人、いませんか?

あれは、ルーズリーフに書き出して
眺めて覚えた訳ではないですよね
何回も音読したから覚えられたのだと思います。

英単語やその他の知識も
実際に話したり書き出したりして
五感を使って覚えたほうが圧倒的に定着しやすいです!

みなさんも五感を使った勉強をしてみてください!

最新記事一覧

過去の記事