ここからの過ごし方🔥 | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2018年 1月 17日 ここからの過ごし方🔥

 
こんにちは、渡部です!
自分も大学の方でいよいよテストが始まり、
切羽詰まりつつも勉強中です💦
ちなみに、法政大学には、誰が考えたのか、
授業の単位が危うい生徒のために、「単位パン」というものが売られているんですよ!🍞
自分も買おうと思ったら、時すでに遅し。完全に売り切れてしまっていました。笑
 
さて、一昨日でセンター試験が終わり、
ここからどんどん私立大学の受験が本格的に始まってきますね。
ここで去年の自分について少しお話ししようと思います。
 
自分はセンター試験は、そんじょそこらの出来なかった、ではなく、
ガッツリ落としました。(国立志望)
英語と数学は過去最高でよかったのですが、
冬休みに伸びていたはずの国語の難化、
もともと苦手な理科科目を物理・化学ともに3割を切るという。
😱😱😱
自己採点から2日間くらいは本当に落ち込んだし、親とも喧嘩もしたし、
校舎にも全く行きませんでした。
 
でも、2日間経ったときにこれからのことについて少しだけ考えました。
と言ってもネガティヴな思考が流れたのですが、
このままの調子で私立入試を迎えたら、合格0だな。と確信しました。
 
そこから焦りや不安から心機一転、鬼のように私立の赤本を解きました。
受験しようと考えている学校をまずは一年ぶん解き、その復習をします。
そして、それを四年ぶん繰り返します。
そしてもう一度いちから解いてみて、
解き方などを自分のものにできてるかの確認のためにもう二周。
この過去問演習を4年分×3周×6校ぶんやりました。
これをセンター試験後から2月の初めまでに終わらせました。
 
今思うと、もっと前のうちからやってもよかったのかなーと時々思いますが、
落ち込んでいた状態からスパッと切り替えて、
私大過去問をたくさん解いて遅れを巻き返したことについては後悔してません。
 
私が皆さんに言いたいのは、ここからの過ごし方で本当に春を迎えられるか、
そしてこの先の人生が決まるということです。
これは言い過ぎではないと思います。こんな受験なんかで甘えてたら、
大学はおろか、実際に自分で自分のことを養う時にも甘えがでてしまいます。
そこまで来たらもう給料どうこうではなくなります。
ここで辛いことを経験しておいて、数年後、数十年後にどこかの機会で
「あの時の頑張りが、今を作ってるんだな」と胸を張って言って欲しいです。
 
受験生でセンター試験がよかった人も悪かった人も、
また新学年としての同日を終えて課題が見えた人も、まだまだここからです。
全力をつくしましょう、そして最後まで諦めないこと!!
 
長くなりましたが、これにて失礼します
 
頑張れ受験生!!🔥✏