まぜそば大 880yen | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2018年 1月 28日 まぜそば大 880yen

こんにちは!担任助手の渡邊です!

久々に正統派食べ□グを書きたくなりました(欲望に忠実)

 

↑東大本郷キャンパスにほど近い二郎インスパイア系の店にて

 

僕の場合、普通の二郎ではだいたい茹で上がり500gくらいまで食べられるので、

「まぜそば大盛り400g」というのを見て

「少なwww」

とか余裕ぶっこいてました。普通に腹減ってたし。

 

注文から10分ほどして着丼。

朝飯抜いてた(よい子のみんなはマネしないでね!)こともあり、30分くらい待った気がしました。

体感時間30分待ちのまぜそば一口目、最高!

毎日でも通えると思いました。

 

最初の1/3くらいまでは。

 

汁無しのはずなのにどんどん重くなっていく麺。

最初はアクセントになってたがだんだんシャレにならなくなってくるガリマヨ(ガーリックマヨネーズ)

最後の方はカレースパイスでだましだまし口の中にかきこみました。

 

重い腹を抱えながらキャンパスに戻る自分。

楽しく食べられる限界を見誤った自分。

なんと恥ずかしいことだろう。

意地を張らずに並盛りにしていれば……

自分が食べられる量をきちんとわかっていれば……!

 

前々回のブログで僕は、

「人の判断は事前の経験や予備知識に基づく」

ということを言いました。

ですが、その自分の経験に頼りすぎると今回のような事態が発生します。

大切なのは、

自分が持っている経験則を踏まえたうえで、

それがどのような前提によるものなのか、というところまで冷静に考えをめぐらす

ことです。

 

センター(同日)が終わってはや2週間。

中には力を発揮しきれずに涙をのんだ人もいるでしょう。

ですが、そういうときこそ辛くても自らの敗因を確認することが肝要です。

本番に弱かっただけ?

苦手なところがピンポイントで出たから?

おそらく理由はそれだけではないと思います。

 

大学の体育会系の学生が並盛りを頼む勇気をもつように、

どのような時期・局面にあっても、

正しいと思う勉強法を選択しなおす勇気を忘れないでください。

みなさんの受験が後悔なく幕を閉じることを祈っています。。。