受験勉強の捉えなおし | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 11月 8日 受験勉強の捉えなおし

こんにちは!担任助手の渡邊です。

 

昨日は河合先生の公開授業がありましたね!

数学についてだけでなく、
大学受験そのものを捉えなおす良い機会になったのではないでしょうか?

 

さて、今回は公開授業に関連して、
センター数学の特殊性の話をしたいと思います。

えっ?と思った人、
いるのではないでしょうか。

そうです。センター数学はそれ自体が一個の科目をなしています。

より正確に言うならば、
数学が他教科と比べてマーク記述との乖離が激しいということです。

なぜなら、記述であれば、初等幾何的解析幾何的代数的などなど
数あるアプローチの中から一つを選んで解答にたどり着けば良いのに対し、
マークでは指定された解法を用いて問題を解く必要があるためです。

どれほど基礎がしっかりとしている人でも、解き方には得手不得手があるものです。

それを初めから指定されるというのは考えようによっては問題を難しくしているともとれます。

 

このように、数学に関してはセンターと記述は
別の科目と言って良い(!)ほどにはっきりとした違いがあります。

そういう観点から見ても、センター数学は早期に完成させることが極めて重要と言えるでしょう。

 

数学にかかわらず、自分の受験教科についてその特質を見抜くことができれば
受験勉強を有利に進めることができます。

難しい時期ではありますが、ただがむしゃらに問題を解くのではなく、
その背景を吟味する余裕を持てると良いですね!