受験時代の東進の思い出 | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2016年 3月 9日 受験時代の東進の思い出

こんにちは、大窟です。

もう3月になり、最近暖かい日が続きますね!

 

私が担任助手をやっていて気付いた事がいくつかありますが、

その一つにライバルがいる生徒は飛躍的に成績が伸びる事です。

私が受験生だった時もライバル的な存在であるS君という生徒がいました。

 

S君とは学校も受験校も東進のグループも同じで、

自宅も近いので、よく一緒に帰宅してました。

 

S君は物理、私は英語と数学が得意だったので、

お互いに苦手な科目の勉強法など教えあったり、

模試の点数を競い合ったりしていました。

 

他にも、毎週行われるグループミーティングのメンバーとも

勉強や部活のことなども語ることにより、視野も広がったので、

モチベーションがとても上がったので、結果、ライバルの存在は

志望校に受かった要因として一番大きなものだったと思います。

 

1人で勉強していると、どうしても自分基準の天井を決めてしまいがちです。

しかし、ライバルがいるとその天井がなくなるので、

どんどん成績が伸びます!

 

ライバルを持つ点で、東進は

毎週グループミーティングが行われるのでとても良かったです。

 

皆さんもライバルを持ってお互い切磋琢磨していこう!!