大かつおろしそば 780yen | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2017年 8月 9日 大かつおろしそば 780yen

こんにちは!担任助手の渡邊です。

受験生のみなさん、しっかりご飯を食べていますか?

脳に栄養を送ってやらないと勉強はできません。

どんなに忙しくても食事はおろそかにしないようにしましょう!

 

ところでみなさんは、

女は天ぷら男はとんかつ女はうどん男はそば

といった言い回しをご存じでしょうか?

多方面から怒られそうな言葉ではありますが笑

本日はそんな男飯をご紹介します!

 

僕が最近はまっている桜台のそば屋です。

100円増で大盛り(2束)になるので重宝しています。

とんかつの衣がめんつゆでふやけて油がしみ出すのが最高にうまいんです!

 

さて、先ほど男と女の対比を挙げましたが、私たちは物事を理解するときに、

ざっくりと2つないし3つのグループに分けて考える習慣があるようです。

たとえば現代文の読解でも、しばしば「二項対立」という概念が用いられます。

しかし、実際に問題を解く段になると、視野が狭くなって

物事を細かくとらえる方向にいきがちなように感じてしまいます。

 

無論、細かな知識を問うことを否定するものでは全くありません。

しかし、細かい部分に気をとられすぎて根底に流れる論理を見落としてしまうのは

不合理で本末転倒というべきことではないでしょうか。

むしろ、全体を大づかみに把握し、主張や論の軸もしくは核心をさぐることの方が、

全様の体系的な理解に資すると僕は考えています。

 

行き詰まったときは一歩退いてみて、「木を見て森も見る」ような洞察を行っていくことが、

本質的にしてより高い次元での思考を可能にするものになると確信してやみません。