大学で何を学ぶ? | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2017年 5月 30日 大学で何を学ぶ?

こんにちは。担任助手の佐藤です。

勉強の話ばかりというのも疲れると思うので、今日は私佐藤が大学で実際に学んでいることを書こうと思います。

私が通う東京海洋大学では海洋学概論という授業があります。

海洋に関する知識、研究を様々な角度から見て、知り、考えを深める…

そんな感じの授業です。

先日は、養殖漁業に関する講義がありました。

魚の養殖と言えば有名なのはサケやブリ、

最近だと近畿大学のマグロ完全養殖などもありますよね。

今、魚の「家畜化」というのを目指し研究が進められています。

現在の養殖は、天然の稚魚、卵を獲って、そこから育てています。

家畜と呼ばれる豚や牛は長い歴史の中で優良種が選ばれ系統化されていますが、

魚はそこまで進んでいません。

また、養殖は意外と利益が出ない(一尾あたり百円程の利益)のです。

そこで、野生種の中から、身が大きく病気に強い個体を系統化できないか?

養殖魚に新たな付加価値を生み出せないか?

と、研究をしているわけです。

ざっくりとした説明ではありますが、大学に行くとこんな専門的なことも学べます。

勉強も大変だと思いますが、自分が大学に行き何をし、何を学ぶのか、

果ては将来どんな人間になろうとしているのか…

一度考えてみてください。

意志あるところにのみ道はひらける、ですよ!

佐藤でした。

 

最新記事一覧

過去の記事