大学を通して自分と向き合う | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2017年 7月 30日 大学を通して自分と向き合う

おはようございます!

お久しぶりのホマンです!

今日も蒸し暑いですね。。。

昨日は隅田川や立川で花火大会大雨の中で決行したそうですね。。。

私も立川の花火大会を大雨の中で見に行ったのですが、

傘をさしながらの雨もなかなか面白かったですね。。。

さてさて本日は夏期合宿の2期生が帰ってくる日ですね!!!

私も去年夏期合宿に行って自分の中で変化を作って帰ってきました。

今年の夏期合宿生たちも何かしらの変化を作って帰ってくることを期待してます。

そんなわけで今日は私自身の夏期合宿の思い出を少し話したいと思います。

(前編と後編に分けるつもりです)

去年の5月ごろ、私は自分に甘く勉強に関しては妥協している毎日でした。

ですが、担当の方から夏期合宿に行かないか言われ話を聞いてみることにしました。

最初は行く気はなかったのですが色々な話を聞いていくうちに

自分を変えに行こうと思いました。

6月模試の英語の成績で夏期合宿のクラスが決まると聞き、

5日間英語漬けの合宿だったので

どうせ行くなら一番上のクラスに行こうとおもいひたすら英語を勉強しました。

英語に特化した大学を第一志望としていたのでまずは英語を終わらせようと思いました。

4月模試の英語の結果では全く一番上のクラスに行ける点数ではなかったのですが、

5月にセンター過去問演習講座をとり1か月で必ず一番上のクラスに

行けるような点数を取ってやるという気持ちで

センター英語をひたすらやりまくりました。

とにかく英語をやり6月の模試で英語の点数を50点上げて

やっと一番上のクラスに行けるようになりました。

私がお伝えしたいのは東進ハイスクールは

自分自身を本気にさせてくれるということです。

 

私は大学受験を通して自分自身と向き合うことができ、

自分の夢を具体化させることが出来ました。

皆さんも大学受験を通して自分自身と向き合ってみませんか?

※夏期合宿で安河内先生から頂いた缶バッチです。