担任助手対談① | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2015年 7月 19日 担任助手対談①

こんにちは! 担任助手の桝尾です!!
受験の天王山ともいわれる、”夏休み”がもう目前!!

みんな!! 自分がすべきことは明確になっているかな!?

受験生に限らず、一人一人が夏休みをどれだけ有効活用できるかで、後の自分の姿が大きく変わってくると思いますよ!!

そこで今回は、元部活生だった桝尾と池原で、自分たちの受験期の夏について対談してみました!!

桝尾(M):「暑いし、特に部活生には本当に大変だけど、夏はほんとに大事だよね」

池原(I):「ほんとに大事!!合宿もあったし、夏に頑張れてなかったら、合格してないと思う!

M:「池原は夏はどう勉強してたの?」

I:「俺は、午前中に結構部活があったから、終わった後は、毎日東進来てたかな」

M:「あれ?でも、朝の発アクの音読会もほとんど出てなかった?」

I:「あれは午前部活の前に、早起きして音読会に出てから部活行ってた!! おかげでセンター本番の大問①は満点だった!!

M:「部活前か!すごいな!ちょっとの時間でも、頑張って、それを毎日積み重ねるのが、本当に大事だよね!」

I:「桝尾は、センターの過去問どれくらい解いた?」

M:「私立文系だったから、センター過去問演習講座で英語、国語、日本史、それぞれ10年分を3周したかな!」

I:「あれ特に部活生には結構、大変だよね! でも模試の時間が余るようになってきたり、点数が安定してきたり、直接結果につながるよね

M:「あとは、その演習をするために、今取っている講座は7月中に終わらせる必要があるよね!!」

I:「確かに! 夏前の受講量がかなり大事ってことか! あと桝尾は、OFFの日、15時間勉強できた?」

M:「部活やってない人たちは、毎日15時間勉強しているから、遅れをとらないように、OFFの日は開館から閉館まで東進にいたよ!」

I:「部活生は、OFFの日をどう有効活用するかで、本当に差がでてくるよね!!夏に入っていきなり15時間勉強ってできた?」

M:「いきなり15時間は難しい! っていうかできないと思う!

   だから 夏前のちょうど今の時期に、OFFがあったら、校舎に来て夏に備えて、15時間やってた!!」

I:「いきなり夏頑張ろうとするのは間違いで、今からその習慣をつけるのが夏を乗り切るコツか!!

二人で話したのは、こんな内容でした!!

みんなに伝えたいこと!! それは!!

Ⅰ、特に部活生は少しでもいいから、校舎に来て勉強すること!!

Ⅱ、夏は演習量が大事! そこでまずやらなければいけないのは、今受講を頑張ること!!

Ⅲ、夏に頑張るのではなく、今から努力すること!!

この三点がめちゃめちゃ大事です!! 

2015年も半年が過ぎました!! これまでの自分はどうだったでしょうか!?

第一志望合格は、みんなの夢への第一歩です!!

夏でいいスタートを切って、残りの受験生活を頑張りぬこう!!!!
特に部活生!!頑張ろう!! 担任助手も全力でサポートします!!!                  

 

→→(資料請求はこちら▼)

最新記事一覧

過去の記事