担当生徒合格エピソード ~法政大学編~ | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2016年 3月 29日 担当生徒合格エピソード ~法政大学編~

こんにちは!担任助手の絹巻です。
桜もちらほら咲き始め、いよいよ春本番ですね!

さて、担当生徒合格エピソードシリーズ、
今回は法政大学に合格したNさんを紹介したいと思います。

MARCHの一つ、法政大学。合格するのは一筋縄ではいきません。
しかしNさんは見事センター試験で法政大学の合格を勝ち取りました!

所属していた部活が全国クラスの腕前で、
部内でも最前線で活動していたNさんは人一倍部活動が忙しく
勉強時間もなかなか確保出来ない状況にありました。

部活の引退も9月だったNさんが、合格を勝ち取った要因は、
主に2つです。

1つ目は計画性実行力

少しでも勉強時間を稼いで計画的に学習を進めるため
1年間の勉強スケジュールを緻密に立て、
それをグループミーティングで1週間の予定表に落とし込む、
という形で着実にすべきことをこなして行きました。

おろそかになりがちなセンター試験対策も
細かな予定立てによって演習量を確保する事が出来ました。

ここで重要なのは立てた予定を残さずすべてやりきる実行力です。

予定を立てた事に満足してそれを守りきらなければ
何の意味もありません。

 

2つ目はグループミーティングへの出席です。

部活の引退が迫った9月こそ少なくなったものの、
Nさんはほぼ毎回グループミーティング出席

そこで1年間切磋琢磨してきた仲間と
勉強の仕方の工夫や大学学部などの情報交換をすることで
より質の高い受験勉強をすることが出来ました。

グループで計画を立てることにより
ライバルがどれくらい勉強しているのかを目の当たりにし
主体的に考えて勉強したことが1つの大きな要因でした。

皆さんも、自分の周りの環境にいいわけするのではなく、
どうしたら出来るのか、主体的に考えてみて下さい!

春休みも後少し!