担当生徒合格エピソード~立命館大学編~ | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2016年 3月 29日 担当生徒合格エピソード~立命館大学編~

こんにちは牧之内です!
最近、あったかくなってきましたね。
私もですが、花粉が辛い時期です。。

前回は、明治大学に進学する生徒の
エピソードを載せました。

 

今回は立命館大学へ進学する、Sくんを紹介します。


ちょうど去年のこの時期に入学した彼。
勉強習慣も無くほぼ0からのスタートでした。

まずは、しっかり「予定をたて勉強すること」
これを意識して基礎を固めました。

成績を無駄なく伸ばすためには、
目標から逆算して、
どんどん細かくしていくことがコツです。

東進では2ヶ月毎にセンター試験と同じレベルの
「センター試験本番レベル模試」があります。

その模試後、細かく反省をし、
次回
模試での目標点を決め、
達成するための戦略を決め、
戦略をやりきれる予定を立て、
一週間の予定に落とし込み努力していく。

このプロセスを大切に、Sくんと努力しました。
後述する毎週のグループミーティングで、
学習予定を細かく立て、先週分のチェックを行いました。

 

その努力をやりきるのは、かなり大変なことです。
Sくんも話していましたが、
支えになったのは毎週水曜日に行っていた、
「グループミーティング」でした。

ほぼ同時期に入学し、同じラインからのスタートだった4人。

みんなで単語のテストをしたり、
模試の反省や勉強法を共有したり、
将来の話をしたり、
一週間の予定をたてたり。

そんな中にもあったライバル意識
さらに努力量を引き上げ、
モチベーションを高めました。

グループミーティングは、
ただ一週間の予定を立てて、
効率よく勉強をするだけではありません。

本気で志望校合格を目指す仲間
切磋琢磨し、
時には下らない話もしてリラックス
時にはメンバーを励まし
人としても成長できる場です!

彼のひたむきな努力と、
早くからスタートしたこと
逆転合格の秘訣だったと思います。

彼は将来、

「海外を結ぶ仕事がしたい」

と言っていました。

自分で掴んだ「第一志望合格」
大学で、夢を叶える準備を
しっかりしてほしいです。

「やらなきゃな」と

思った時にやらないと、
ずっとスタートできないです。

もし行きたい大学があるのなら、
今から本気で目指してみませんか?

今からの努力が、きっと人生を変えるはずです。

みなさんの一歩が
正しい道で踏み出せるように、
練馬校のスタッフはサポートします!

 

過去の記事