担当生徒合格エピソード~山口大学編~ | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 3月 11日 担当生徒合格エピソード~山口大学編~

こんにちは、担任助手の東です。
今回は私の担当生徒で、4月から山口大学医学部に進学するNさん合格エピソードを書いていきます。

 

Nさんは、私がまだ受験生として練馬校に通っていたときからほぼ毎日校舎で姿を見かけ、
受験生なのかと勘違いするほど黙々と勉強をし続けていました。

そして私が大学受験も終えて担任助手となった昨年4月、Nさんの担当になる事に決まりました。
成績はとても良かったので、このままいけば志望している大学の入試も突破できるのではないかと思っていました。

 

 

しかし小さいですが、一つだけ問題がありました。
それは、「自分に自信がなかったこと」です。
Nさんは上に書いた通り成績もよく、普段から一生懸命努力しているのにも関わらず、
何でもネガティブに考えてしまうことで勉強のモチベーションに上がらないということも多々ありました。

 

 

たしかに慎重になることは悪いことではありませんが、
慎重になり過ぎると次のアクションへのハードルとなりかねません。
そこで、頭の半分はポジティブに、頭の半分はネガティブに考えてみようという話をし続けました。
どちらに偏り過ぎることもなく、良い面と悪い面をしっかり考えてみよう、ということです。

 

そうして1年間努力を続け、ついに本番になりました。

 

私立大は二次試験までいったところもあったのですが、ことごとく残念な結果でした。
その度に、

「今までやってきた自分を信じろ」

「あきらめなければ絶対最後にいい結果は出る」

という話をしていきました。

 

 

第一志望校の結果は見事合格
最後まであきらめなかったことがいい結果に結びついたのではないかと思います。

 

 

 

今回私が言いたかったことは、
悪いことが起こっても

・ネガティブに考えすぎないこと=良い面と悪い面両方を冷静に考えること

・最後まで絶対にあきらめないこと

です。

 

 

 

上の二つを心がけるだけで、最終的な結果は180度変わります!
今がどんなに絶望的な状況でも、何かいい方向に変えられることはないか、冷静に考えてみましょう!
東進では、「変わりたい!」と思っている人を待っています!!!
ぜひ練馬校で一緒に頑張ってみませんか??