担当生徒合格エピソード~早稲田大学編~ | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 3月 17日 担当生徒合格エピソード~早稲田大学編~

こんにちは、大窟です。

最近は、暖かい日が続きますね!

 

今日は、大窟担当の4月から早稲田・K君の合格エピソードについてです!

 

 

彼が東進に入学した時期は、2年生の3月ぐらいでしたが、

センター本番の点数は、英語8割、数1a2bは8,9割、物理8割でした。

しかし、1年前の同日試験では、数1a2bは6,3割、物理2割でした。

 

彼が1年でここまで点数を伸ばしたのは、2つ理由があり、

1つは基礎を徹底的にやり、土台をしっかり作ったからだと思います。

 

特に受験数学1a2b(応用)演習というテキストは、

量が非常に多かったのですが、ほぼ完璧に定着させ、

物理も基礎基本を徹底させていました。

 

2つ目は、ライバルの存在です。

彼の周りには、学校の友達、グループミーティング内の仲間が、

志望校のレベルが同じだったので、いつもお互いが切磋琢磨しあってました。

 

今高3生で、中々点数が伸びない!という方も基礎基本を徹底させ、

ライバルの存在がいれば、成績もぐんぐん伸びます!

皆さんも土台を作り、ライバルを見つけ、切磋琢磨しあいましょう!