最後の自分の支えとは… | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 12月 27日 最後の自分の支えとは…

                                                                                                                    こんにちは!担任助手の橋本です 

この前は模試の成績についてお話したので、
今日は気持ちを話たいと思います
 
 
1年前、私は校舎に来てさあ勉強しようと思ったときに、
なぜか突然涙が出てきて、止まりませんでした
 
 
原因は急に不安になったからだと思います
以前も話したように、私は直前の模試でも成績が残せず、
むしろ下がってしまい、どこの大学にも合格できないのではないかと思いました
 
 
そんな時に支えになったのが、1日の終わりに書いていたメモ帳でした
1日に何をしたのか、どんなことを思ったのか、
時には受験に関係のないことも書いていました。
 
夏から書いていたので、ノートは2冊ありました
それを見て「こんなに勉強したんだ」と少し自信が持てましたような気がします
もし高校1.2年生でこのブログを書いている方がいたら
ぜひ書いてみてください!
 
いままで勉強するときに使っていたノートでもいいです
それを積み重ねてみてください
絶対自分の自信につながると思いますよ
 
センター試験まで、泣いても笑ってもあと18日
残り時間はみんな平等です
 
あとはどれだけ自分に妥協せずに頑張れるか
どれだけその志望校にこだわれるか
どれだけ一瞬一瞬に全力を注げるか
この3点が合否を決めると思います
 
最後まで決してあきらめず、やりきってください
がんばれ受験生!