東進での思い出 絹巻編 | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 3月 4日 東進での思い出 絹巻編

こんにちは!担任助手の絹巻です。

3月に入って、ぐっと暖かくなってきましたね!
ただ、花粉症の私は毎日くしゃみに悩まされています…。

そんな話はさておき、今日は私の東進での思い出をお話し
したいと思います!

私が東進に入学したのは、今の時期、高1の3月でした。

自分の勉強習慣が、大学受験に太刀打ちできるものではないと
危機感を覚えたこともありましたが、
何より幼馴染が先に東進に入学して
勉強をスタートしていたことが大きなキッカケでした。

入学してみると、案外高1生が多く、
「高1からスタートを切っている人がこんなにいるんだ!」
と驚き、焦ったことを覚えています。

 

東進の指導の大きな特徴の一つに、
グループミーティングというものがあります。

私にとっての1番の思い出はこのグループミーティングでした。

同じ高1から入学し、勉強のスタートをきった仲間と
毎週ミーティングをすることにより
自分に足りないものは何か、今自分は同学年と比べて何が出遅れているのか
などが明確になったり、
勉強法や工夫などを情報交換したりできました。

グループのメンバーとは、模試の成績をお互いに教えて
モチベーションを上げるまで仲良くなり、
その後の受験勉強を乗り切るに当たり
大切な仲間であり、よきライバルでもありました。

卒業してしばらくたつ今も、ご飯に行っています。

「受験は団体戦」とよく言われますが
グループミーティングを通じてこの言葉を
本当に理解できました。

皆さんも、良いライバルを見つけ、お互い刺激しあいながら
切磋琢磨して頑張れる環境を求めていきましょう!