桜も散りかけて | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2017年 4月 7日 桜も散りかけて

こんにちは!牧之内です。

今日はすごい風でしたね~。
桜も開いていましたが、かなり散ったのではないでしょうか、、

日本の俳句や歌でも、桜そのものより、
散ることの美しさを詠んだものが多いです。

桜を綺麗だと思えるのは、
散るからこそ感じられる日本人的なセンスだと、
大学の授業でも学びました。

悲しさ、寂しさ、儚さを美徳として
表現した何百年前の歌や俳句を感動できる私たちは、
しっかりと日本人的な感覚が頭に継がれています

グローバル化が進み、
“その国らしさ” “identity” が薄れている今、
この日本らしさは大切にしていくべきだと思うし、

次世代の核となる私たちこそ、
日本の文化を大切にして、文化を感じていくべきです!

センス、感性は遺伝し継がれていきます。
たまには、日本文化には触れてみては!

桜のように、綺麗であっても散っていくように
今、“持つもの”もいつかは
無くなってしまうかもしれません。

無くなってから、“持つもの”の
大切さに気付くのがほとんです。

時間あるのにさぼってしまう
朝予定ないのに昼まで寝てしまう
ケータイばかりいじっている

そういう小さな時間も、
「まあ、いっか」
気持ちでどんどん無くなっていきます。

そして、その時間を活かせなかったこと、
さぼってしまっていた自分を悔いて、

今を全力生き抜けなくなります。

今もっとも大切にすべきことはなんなのか、
今、今この瞬間を大切にできているかを自答して、

毎日を過ごすことができたら
よりいい未来があるはずです!

ドラえもんも言っています、

「未来は変えられるんだ。」

だから「今」がんばりましょう。

辛くても、めんどくさくても、
終わったこと過去は気にせず、
これからくる未来にむけ、
一日一日を生きていきましょう。

練馬校の春休み時間割りもあと2日。
朝、校舎で待っていますよ!

東進生でない人も、
ぜひ、今頑張ってみましょう!!!

最新記事一覧

過去の記事