東進に入学したきっかけ 山本編 | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2016年 2月 21日 東進に入学したきっかけ 山本編

こんにちは、担任助手の山本です。

今日も引き続き、山本が東進の入学を考えたキッカケについて話したいと思います。

それは何かと、はじめに言っておくと、
 公開授業に参加して、高い意識を持って勉強している東進生の姿を見たことです!

私が東進に入学したのは高2(新高3)の12月でした。

ハンドボール部に所属していた当時を思い出すと、
そろそろ受験勉強を始めないとな、という危機感があったのを思い出します。

でもなかなか受験勉強に踏み込めずにいて…

そんな時に練馬校で公開授業がある事を友達にきいて、「行くしかない!」と思いました!
公開授業のあと招待講習を受けたのですが

公開授業に参加して今まで漠然としていた英語の勉強法が明確になったのを思い出します!

そして、勉強法を学んだだけではなく、

大切だったのは

同じ高校生が東進で高い意識を持って勉強している姿を見た事です!

自分も早く受験勉強をし始めなければと思いました。

そこで考えた(感じた)こと、それは

周りの環境の重要性
自分にとって良い環境を求め
環境を変えていく大切さ

です!

公開授業の時もそうでしたが、
同じ高校生なのにこんなにも意識の差があるのかと痛感しました。

受験勉強に対しての見方もガラリと変わりました。

公開授業に行っていなかったら絶対にこんな風にはなっていませんでした。

環境ひとつを変えることで、得られるものの量がまったく変わっていきます!

受験勉強をし始めようとしている皆さんの周りにもいくらでも自分を変えられる環境があります!

でも、何事も行動してみないと何も変わりません。

練馬校では今、新年度特別招待講習が始まっています!
ここからスタートを切りましょう!