大学生は何を勉強しているのか?? | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2013年 2月 7日 大学生は何を勉強しているのか??

ということで、今日はタイトルにもあるように、

大学生は何を勉強しているのか??

というところに焦点を当てて更新していきます!
残念ながら今日は文系の自分による更新になっちゃうのですが汗
理系の方々もぜひ、読んでほしいなぁと思います!

というわけで以下が今学期の自分の時間割でした。
月曜日:政治史、社会人類学特論、スポーツ社会学の基礎、社会心理学Ⅱ
火曜日:国際社会学、政治学
水曜日:社会学理論
木曜日:アジア社会史総論、ヨーロッパ社会史総論、社会思想
金曜日:社会哲学
と言われても??という感じだと思うので。
今日はその中でも2つに絞って紹介をしたいなと思います!

①政治史
政治史というタイトルからは想像できない、まさかのアジア太平洋戦争期における政-軍関係という非常にニッチなところからの出題でした。。
なぜ日本はアジア太平洋戦争を回避できなかったのか、その原因を明治憲法体制の矛盾や軍部に対するコントロール能力の欠如など様々な観点から探っていきました。
日本史を習っておけばもっと楽しかったのかなぁと思いながらも、非常に楽しい授業でした。

②社会学理論
これぞ社会学部の真骨頂!という感じの授業。
近代ヨーロッパで発達した社会学という学問について多くの研究者の思想をひも解きながら解説がなされました。
特にピエール・ブルデューに関しては非常に多くの時間が割かれ、聞いているこちらが興味を持てるような内容でした。

 

以上に紹介したのはほんの一部ですが、大学に行くと自分のやりたい学問、興味のある学問に絞って研究を深めていくことができます!
そのためにはもちろん高校生のうちから勉強を重ね、自分の好きな学問が何かということへの理解を深めていくのが必要です!高校生のみなさん、勉強頑張ってください!

東進ハイスクール練馬校担任助手 蛯子樹