私の受験体験記① | 東進ハイスクール練馬校|東京都

校舎からのお知らせ

2014年 3月 4日 私の受験体験記①

親友からの一通のメール

私が初めて受験を経験したのは小学校6年生の中学受験の時でした。当時、遊びたい盛りで反抗期、まっただなかだった私は、中高大一貫校に入って欲しいという母の勧めでいやいやながら、受験勉強をしました。結果は、希望していた志望校には受からず、不本意な結果に。

第三志望の中高一貫校へ進学しました。そんな中学生活の幕開けでしたが、始まってみればそれはそれは楽しい中高生活でした。

運動部に入り、同時にもともとずっと興味があった文化祭実行委員にも入ったのですが、そちらにのめりこみ、気が付いたら高校2年生の冬、そろそろセンター試験まであと一年となっていました。大げさではなく本当です。笑 それくらいあっというまでした。

ちょうどそのころ、「そろそろ塾入らなくていいの…?」実行委員長を務めた文化祭が終わった高2の12月、脱力してふわふわしていた、私にしつこく母が声をかけるようになってきました。

分かってはいましたが、どうしてもまだ先のこと、他人事のような気がして実感がわかず、向き合うのを避けていました。

そんなある日、2学期末テストが終わった12月中旬、小学生の時からの親友から一通のメールが届きました。

「今度、私が通ってる東進ハイスクールで公開授業というイベントがあるんだけど、もしよかったら一緒に参加しない?」

これが私と東進の出会いでした。

この続きは明日のブログで公開します

今年も東進から続々合格者がでています!!

秘訣はこちらから

http://www.toshin-nerima.com/