1月7日 今日の練馬校 | 東進ハイスクール練馬校|東京都

ブログ

2014年 1月 7日 1月7日 今日の練馬校

こんにちは、担任助手の櫻井です!年が明けてから一週間がたちました。明日から学校が再開する人が多いかと思います。前回私がこの記事を担当した時に、受験生向けにセンター試験本番までの過ごし方について書きましたが、その続編といたしまして、センター同日体験受験についてと、センター同日試験までの過ごし方について触れようと思います。

東進ハイスクール・東進衛星予備校では、今年もセンター試験同日体験受験を行います。主な特長は次の4つです!

  ・その日のうちに受験可能

  ・主要科目だけでなく、理科社会も受験可能

  ・受験後一週間のスピード返却

  ・受験無料!!

特に新高3生にとっては、一年後に実際に迎えることになるセンター試験の予行演習ともいえるものになります。現在の受験生がセンター試験を受験したまさにその日に同じ問題を解くという体験は、臨場感もあふれており、大変大きな意味を持ってきます。自分の受験する科目をすべて受験し、志望校の基準点と照らし合わせることで、現在の自分の立ち位置を確認することができます。この点に関しては、新高2生にとっても然りです。

次に、各科目について書いていきます。

英語は、東進生は所謂高速マスターの「三冠達成」、センター英単語1800、英熟語750、英文法750の完全修得が必須となっています。英語は、基礎がしっかりしていないと安定して高得点を稼げるようにはなりません。高3になると国公立二次・私大入試レベルの長文や過去問を解く機会が増えます。それに対応するためにも、同日試験をひとつの目標として基礎の確認を徹底しましょう。

数学国語に関しては、センター試験は独特の問題形式になります。センター模試を受けたことがある人は一度復習をしてみましょう。復習の仕方としては、いずれも「どこで詰まってしまったのかを理解して、次から同じ間違いをしないようにする」ことを目標とすることをお勧めします。受けたことのない人は、数学の教科書に載っている公式や古文単語を復習して、とにかく基本に忠実に対策をしましょう。

理科社会は、習っていない範囲があるという人も多いと思います。そういう人は、「すでに習っている範囲を確実にとる」という戦略で、教科書や期末テスト、参考書などをこの機会に復習しましょう。

みなさんにとってこの同日模試が有意義なものになるように、しっかり対策をして臨んでください。

各校舎では、まだまだ申し込みを受け付けております。どうぞお気軽に、お問い合わせください。

体調には気をつけて頑張りましょう!本日はこれで失礼いたします。

 

お申込みはこちら⇒http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/

練馬校 ☎0120-104-643